ベンチャーで自分の力を試してみよう

大手企業では対応しにくい分野においては、新しい企業であるベンチャーが多く活躍しています。主に新しい技術を活用した事業を行っており、硬直した日本経済を牽引する力として期待されています。しかも、このベンチャーは若いスタッフが集まって構成されているので、従来のビジネスモデルにとらわれない柔軟な発想があるのです。特に、スマートフォンのアプリといった小規模でも開発しやすい分野においては、上場して中堅企業にまで成長したところも見られます。大規模な設備を必要としない仲介サービスや、大学の研究室で開発した成果を活かす為の起業、自分の作ったコンテンツの販売といった多岐にわたる内容となっているのが特徴です。終身雇用と年功序列がなくなったことから、有名大学の学生であっても自分の力を試す目的でベンチャーを選ぶケースが出てきました。

大学発ベンチャーの可能性

現政権は、デフレ脱却のため、三本の矢に喩えた経済政策を実施してきました。一本目の矢は異次元の金融緩和、二本目の矢は公共投資、三本目の矢は成長戦略です。ところが、この成長戦略がはっきりとしたものが出てきていない気がします。女性の進出を促したりすることはいいことだと思いますが、やはり新しい分野の産業が創出される必要があると思います。ベンチャーはその可能性を秘めていますが、中でも大学発のものに期待が持てます。大学発の場合、大学おける研究が基礎となり、その研究の基になるのは、外部からの寄付金や共同研究費などが得られたり、大学の予算などからも調達できますので、初期投資の段階でまとまった金額を投入することが可能です。そこで開発されたものを商品開発に結び付けることができれば、産業に発展する可能性があります。

ベンチャー企業は成長の見込みがある

ビジネスにもいろんなものがありますが、どれも成功ばかりではないと思います。それは、大きな会社でも小さな会社でも同じことではないでしょうか。聞いたことがあるかもしれませんが、ベンチャー企業というものがあります。聞いたことはあるけどいったいどういったことなのか、知らない人も多いのではないでしょうか。分かりやすく言うと、大きな会社では難しい技術などの経営をしていく、中小企業のことですが、これらは投資家がいなければ、成長するのは難しいのです。最近では投資をしてくれる人も多くなったらしいのですが、それでもなかなか投資をしてもらえないところもあるみたいです。確かに、大金ですから、簡単に投資は出来ないかもしれませんが、ベンチャー企業は成長する見込みがあるのです。時間はかかるかもしれませんが、将来性はかなりあると個人的には思っています。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です