求められる仕事こそベンチャー企業

ここ最近のコンピューターの進化は著しく、社会にも様々貢献していると思います。皆さんの企業でもパソコンや様々な電気機器を活用していると思います。そんなコンピューターを活用して、様々なプログラムを組んだり考えたりするIT企業がベンチャー企業として、現在では素晴らしい発展を遂げ活躍しています。仕事とはいかに社会の役に立てるのか?と言ったことではないかと思います。人が求めるものを与えられることは、ビジネスでありますから、それを見極められることこそ大きな発展に繋がるのだと思えます。今社会で求めているものは何なのか?何をどうすれば、便利な世の中になるのか?これを考え実行出来たものが、ベンチャー企業と言えるのではないでしょうか?独立したい、又は会社を経営したいと思ってる方は、まずはそれが、人に求められる仕事なのかどうかをよく考え、それをビジネスに選んでみてください。成功する糸口はそこにあると思います。

ベンチャービジネスについて

最近テレビなどでベンチャービジネスという言葉を良く聞きます。日本は昔から中小企業が多くあり、しかしその中小企業に日本の経済が支えられてきた部分も有ると思います。日本の中小企業の町工場の技術は世界的にもとても注目されている物も沢山あります。そういう点で日本人は繊細で勤勉で努力家だと思います。そういう背景が有るので今日本の若者の間ではベンチャー企業の立ち上げなどが盛んに行われ、成功している方たちも沢山いらっしゃると思います。しかしアイディアだけでは成功はしません。それを進めるための十分な市場調査や技術の裏付け、きっちりとした事業計画、開業資金など始めるにはたくさんの課題が有ると思います。まだまだ沢山チャンスはあると思いますし、実れば大きいので、夢に向かって最大限の努力をして頑張っていく価値は十分あると思います

ベンチャー企業について

此処では、北米に於けるベンチャー・ビジネスについて触れます。日本の中小企業の何社かが共同出資して新たに起業した会社が沢山あります。又、日本で皆が知っている大企業が、海外の有名企業と共同出資して新たに起業した会社もあります。日本の企業と海外の企業の共同出資ですと、経営トップをどちらが握るかが問題になってきます。多くの場合、日本企業の技術を買われて共同出資の運びとなるので、その技術をどう生かすのか、又、必要部品をどう調達するのかも重要なポイントで、北米の企業は極力自社の関係企業を使いたい筈です。そして言語の壁を乗越えられる社員達が、社内の各部署で現地採用社員達と相手会社相手にどのように発言力を維持していくかも、第二次の問題となります。但し、日本企業一社による現地法人よりも世間の風当たりは弱いかもしれません。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です